年払いで割安になるものはとにかく年払いに

“我が家では、年払いでお安くなるものについてはできるだけ年払いにしています。
生命保険、固定資産税、NHK受信料など。
今は満期になり払い済みになりましたが、加入している互助会も年払いにしていました。
年払いになるとお得といいますが、むしろ月々の支払にすることで割高になっている…というのが私の考え。
どっちみち支払うのなら、割高な月払いより年払いで損しないほうがいいですよね。
もちろんしっかり支払えるよう、翌年の支払い分の金額を前の年にコツコツ貯めておくのです。
ボーナスとかを当てにしてはいけません。
ボーナスや臨時収入を支払いに回すと、今度は貯金やいざというときのためのお金がなくなってしまいます。
我が家の場合、年払いの金額の合計を12で割った金額を月々先取り貯金してキープしています。
そうすると、年払いの何十万円という金額がそんなに負担に感じなくなるのです。
だって、月払いにしていればどのみちそれだけの金額が引かれていくわけですから。
それを自分で貯めといて年払いで一気に支払うかどうかの違いだけ。
よく年払いの方が得という情報ばかり先行し、いざ支払おうにもそれだけのまとまったお金を用意できなくて結局月払いにしているという人もいます。
支払うための方法までしっかり計画してこその年払いお得感ですよ。”