2月は財政的にかなり厳しい月でした

“年末年始は仕事の休みが多く、その分、収入が減ってしまいます。
1月は12月の収入で生活するので、それほど支障はないのですが、問題は2月の生活分です。

今年の2月もかなりの金欠になってしまい、予定の経費よりも収入の方が下回ってしまいました。
あらかじめ、貯金を充てるつもりでいたのですが、それでも少し足りなくなってしまい、何とか工面をしなければいけなくなりました。

幸い、クーポン券がたくさんあったので、それらと割引商品などを上手く駆使して何とか、マイナス分を少しプラスにすることができました。

2月は稼働日が少なく、ギリギリプラスにはなったものの、かなり厳しい3月になりそうです。
さらに2月はバレンタインデーや他のイベントが多く、いつも以上に出費が重なってしまいます。

毎年のことなので来年はこういうことがないように、今から計画を立てることにしました。
1年のうちにイベントなどで、いつの時期に何にどれくらいのお金がかかるかを見通し、その分のお金を積み立てていくことにしました。

これを行うことで、確実にお金を貯めていく必要性が出てきました。
しかし、直前になってお金が足りないという状態は防ぐことができそうです。

また、万が一のためにクーポンやポイント、割引などの得した分をのお金も貯めていくことにしました。”